東京都板橋区にある精神科を中心とした大規模病院です。

文字の大きさ

総合窓口

お問い合わせ・ご相談は下記までお電話ください

03-5986-3111

MENU

HOME精神科治療プログラムについて

精神科治療プログラムについて

精神科治療プログラムについて

精神科の治療の3本柱は、「薬物療法」「精神療法」「リハビリテーション」です。
一般的に「治療」という言葉からは「お薬を飲むこと」や「医師や心理士との話し合い」などをイメージされることが多いかもしれませんが、「日常生活行動の練習」や「その人をとりまく人や状況についての調整」など「日々の生活そのものを整えること」も大切な治療の一つです。
当院では、その人にとって適切でよりよい治療を提供するために、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、薬剤師、栄養士などのさまざまなスタッフが、それぞれの専門性を活かした治療プログラムを行っています。

各プログラムの概要

生活ミーティング

生活ミーティング

入院生活の場に関わる人々が定期的に集まり、さまざまな問題についてグループで話し合うものです。

服薬教育

服薬教育

安全で適切な服薬を続けられるために病気や薬の作用・副作用、服薬管理についての知識や方法を個別やグループで学ぶものです。

疾病心理教育

疾病心理教育

主体的に療養生活を営めるようになるための病気や治療についての正しい知識や情報を、個別またはグループで学ぶものです。

栄養指導

栄養指導

肥満や糖尿病等の食事相談や、偏食・間食へのアドバイスなど健康的な食習慣の維持・向上についての知識や具体的な方法を、個人またはグループで分かりやすくお話しします。

詳細ページへ

作業療法

作業療法

入院生活のなかで心身機能の維持・向上のために、手工芸、スポーツ、ゲーム、調理、話し合いなどのさまざまな活動を、個別またはグループで行うものです。

詳細ページへ

デイケアプログラム

デイケアプログラム

地域社会生活のなかで一人ひとりの目標に合わせて、手工芸、スポーツ、ゲーム、調理、話し合いなどのさまざまな活動を個別やグループで行うものです。

詳細ページへ

※2016年4月現在

ページトップ ページトップページトップ